Jリーグのアビスパ福岡の創設25周年を記念し、西日本スポーツがインターネットで募集した「思い出の試合」に373件の回答が寄せられた。福岡ブルックスとしてクラブが設立された1995年から99年の思い出の試合は98年のJ1参入決定戦1回戦の川崎F戦が6割以上を集め、思い出などを熱く語る書き込みがあった。(「」内はネット投票で設けた思い出、理由などを記述する欄の書き込み)

 「この試合を博多の森で見てアビスパのとりこになりました」。1-2で後半ロスタイム。このまま終われば翌年から始まるJ2に降格する。「平日のゴールデンタイムに放送された試合は、地獄と天国を同時に見たアビスパを象徴...    
<記事全文を読む>