サッカーJ2栃木SCは19日、河内総合運動公園陸上競技場で約1カ月半ぶりに全体練習を再開した。新型コロナウイルス感染予防のため、時間帯別に2グループに分かれて行い、別メニューでの調整を含む全31選手が約1時間半、走り込みなどに汗を流した。

 

 コロナの影響でチームは4月上旬から活動を自粛。練習は落ちたコンディションを取り戻すことをテーマに午前9時半にスタート。選手たちは降りしきる雨の中、100メートルあたり21秒の目安タイムを設定した600メートルのシャトルラン6本を走るメニューをこなした。

 感染予防のため練習中、選手間での水の回し飲み禁止やスタッフ...    
<記事全文を読む>