サッカーJ3アスルクラロ沼津は19日、新型コロナウイルス感染者に対応する医療施設で不足が懸念される医療用ガウンの代替品となるレインコートなどを沼津市に寄贈した。
 ホームゲームの雨天時にスタッフが着用する備蓄品のレインコート100着と公式グッズのポンチョ40着を市役所に届けた。地域貢献として何か援助をしたいと考えていたところ、チームドクターを通じて医療用ガウンの不足を知り、協力を申し出たという。
 市役所で開かれた贈呈式で渡辺隆司社長と徳武正之主将らが頼重秀一市長に物資を届けた。沼津市立病院でレインコートは医療従事者用に、ポンチョは雨天時の活動などで活用する予定。徳...    
<記事全文を読む>