サッカーJ2松本山雅FCは十八日、トップチームの練習を再開した。選手の人数を区切った非公開練習だったが、選手からは「仲間とピッチで汗をかく素晴らしさを改めて実感した」と再開を喜ぶ声が聞かれた。

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言の対象区域が全国に拡大されたことを受け、練習は先月十八日から休止していた。練習拠点のかりがねサッカー場(松本市)が今月十六日から利用再開され、県内の感染状況も落ち着いていることなどから練習を再開した。

 けがで離脱しているDF吉田将也選手を除く三十三選手を三グループに分け、時間帯をずらして九十分ずつ練習を実施。クラブハウス内ではグループ同...    
<記事全文を読む>