J3藤枝は18日、静岡県の緊急事態宣言解除を受けて練習を再開した。選手を複数グループに分けて実施するなど、新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底した。
 藤枝MYFCサッカー場で1カ月ぶりの全体練習を行った。選手を2組に分けた時間差の練習はストレッチ、サーキット、パス回しなどすべてのメニューで選手の間隔を保ち、ほとんど接触を伴わなかった。
 石崎監督は「しばらくは個人戦術を高めることが目的。ただ、サッカーは必ず接触がある。どのタイミングで取り入れるかは慎重に判断する」と話した。それでもボールを使ったメニューはゲーム形式にして競わせたことで活気があふれた。
...    
<記事全文を読む>