新型コロナウイルス感染拡大の影響で、公式戦の延期や中止が相次いだスポーツ界。アピールの場を失った県内の各チームは、動画でそれぞれの魅力発信に力を入れている。前向きに練習する選手たちの情報を伝え、再開後は多くの県民に試合会場へ足を運んでほしいという思いがにじむ。

 陸上の実業団ユティックは四月、動画配信サイト「ユーチューブ」にチームのチャンネルを開設した。小学生向けのスプリント教室も休講せざるを得ず、空いた時間を活用。撮影も編集も自分たちで行い、練習法などを五~十分程度にまとめ、週に一度配信している。

 ツイッターなどの会員制交流サイト(SNS)でトレーニング手法...    
<記事全文を読む>