新型コロナウイルス感染拡大の影響で、Jリーグは5月27日までの全公式戦の開催延期を決めた。J3・鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)は、当初の開幕予定だった3月8日から1試合も消化できず、計9試合の延期を余儀なくされている。各クラブの財政危機が取り沙汰される中、鹿児島Uの徳重剛代表は「現段階では大きな影響はない」との見解を示す。一方で、決定通りにリーグを再開できるかは不透明で、懸念材料も多い。

 鹿児島Uは、年間8千万円のチケット収入を見込んでいる。しかし、日程の短縮や無観客試合、密集を避けるための観客数制限などが実施された場合、大幅な減額が予想される。ただ、試合が...    
<記事全文を読む>