サッカーJリーグの静岡県内4クラブの選手会が15日、新型コロナウイルスの感染拡大により停滞した地域経済の回復に貢献することなどを目指し、「One Shizuoka Project」を発足させた。「スポーツの力で静岡をひとつに」をコンセプトに結束し、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」でオンライン会見を開いた。
 合同プロジェクトはJ2ジュビロ磐田の山田大記選手が提案し、J1清水エスパルス、J3アスルクラロ沼津、藤枝MYFCの選手会と協議して立ち上げた。山田選手は「命を守りながら、みなさんの生活を一日でも早く取り戻したい」と語った。
 主な活動はクラウドファンディン...    
<記事全文を読む>