静岡市をホームタウンとするサッカーJリーグ1部(J1)清水エスパルスとバスケットボール男子Bリーグ3部(B3)ベルテックス静岡が、新型コロナウイルスに対応する医療従事者へのエールを込めた動画を共同制作し、同市とともに13日から配信を始めた。
 「頑張ろう静岡」と題し、エスパルスから河井陽介(30)と西沢健太(23)の両選手、ベルテックスから大石慎之介(32)と大沢歩(29)の両選手が出演。「僕たちにできることは自身の行動に責任を持つこと」など感染防止へのそれぞれの決意を語り、「皆さんの過酷さは計り知れない。たくさんのありがとうを心を込めて送ります」と医療従事者への感謝を伝えて...    
<記事全文を読む>