新型コロナウイルスの感染拡大の鈍化を受けた活動再開で、東北のJリーグ6クラブの判断が分かれている。J3の秋田、福島は11日から練習を始め、9日から再開した岩手に続いた。感染予防に配慮しつつ、徐々にコンディションの向上を図る。J1仙台などはリーグ再開の時期が見通せない中で休止を続ける。
 秋田は4月8日以来、約1カ月ぶりの練習。選手を2グループに分け、負荷をかけたストレッチやミニゲームで約1時間、汗を流した。吉田監督は「グループ分けで個人個人への指導に深みが増した」とみる。
 秋田県内の感染収束状況に応じて、段階的に練習の強度を上げていくという。主将のDF山田は「いつ...    
<記事全文を読む>