兵庫県サッカー協会は12日、前日の香川真司(31)、昌子源(27)に続き、同県宝塚市出身のFW岡崎慎司(34)=スペイン2部ウエスカ=の動画メッセージを公式フェイスブックページに投稿した。いずれも同県出身者で、2018年のワールドカップ(W杯)ロシア大会のメンバーでもある3人が、新型コロナウイルス禍に直面する古里のサッカーファミリーを励ましている。

 「ストレスがたまる毎日を過ごしていると思う」。そう切り出した岡崎は「ただ暗く、マイナスのことばかりを考えるのではなく、前向きにポジティブなことをできるだけ考えるようにしましょう」とし、万全の感染対策をした上での運動も推奨した。...    
<記事全文を読む>