兵庫県サッカー協会は11日、公式フェイスブックに、地元出身の日本代表経験者の動画メッセージを掲載した。神戸市垂水区出身のMF香川真司(31)=スペイン2部サラゴサ=と、同市北区出身のDF昌子源(27)=Jリーグ1部(J1)ガンバ大阪=の2人。新型コロナウイルスの感染拡大で自粛生活が続く古里のサッカーファミリーに向け、「感染者を増やさないために、自分たちの行動に責任を持とう」と呼び掛けた。

 香川はスペインでの近況にも触れ、「7週間の自宅待機が終わり、今は時間制限があるが、少しずつ外に出てトレーニングができつつある」と報告。大会中止など、兵庫でも続く活動自粛については「サッカ...    
<記事全文を読む>