サッカーJ3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)は11日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休止していたトップチームの練習を一部再開させた。計27人いる選手を2グループに分けて時間差でトレーニングを行うなど感染防止対策を取った上で、約1時間軽めのメニューをこなした。当面は全体練習を避け、段階的に通常のトレーニングに切り替えていく考えだ。

 秋田市のスペースプロジェクト・ドリームフィールドで行われた練習では、ストレッチやパスワークをした後、ミニゲームでボールの感触を確かめた。

 選手は練習中、ドリンクを回し飲みせず各自のボトルで水分補給した。更衣...    
<記事全文を読む>