J3相模原の元日本代表MF稲本潤一(40)が5日、クラブのオンラインイベント「サガミスタ在宅ナイト」に出演し、「(公式戦が)再開したときに、喜んでもらえるような試合ができるよう頑張りたい」とサポーターにメッセージを送った。

 約1時間のイベントで、稲本は「小学校2、3年生の頃、サッカーでご飯を食べようと思った」とプロを目指した少年時代を振り返った。派手な金髪で話題を呼んだ2002年のワールドカップ(W杯)日韓大会にも言及し、「ただ目立ちたかった。でもチームに行ったら、

...    
<記事全文を読む>