「こどもの日」の5日、J1横浜FCの選手とスクール生がオンライン上で交流するイベントが行われ、動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」のクラブ公式アカウントで限定公開された。

 「選手とおうち時間」と題した約50分間のイベントには田代、瀬古、古宿の3人が登場。リフティングのこつや体格差を補う工夫など、スクール生から寄せられた質問にリアルタイムで答えた。

 小学6年の男児から「小学校時代、自主練で意識していたこと」を聞かれた瀬古は「(利き足ではない)左足で蹴る練習をしていた」と回答。育成組織出身の古宿はパスミスを減らすために「(ボールを...    
<記事全文を読む>