「こどもの日」にちなみ、小学生とオンラインで交流したサッカーJリーグ1部(J1)神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ。新型コロナウイルスの影響で全体練習もままならない中、自宅でのトレーニングの様子やプレーの質を高める方法など、子どもたちからの質問に笑顔で答えた。

 イニエスタは、自身とJ1神戸がそれぞれで展開するサッカースクールの生徒約100人と、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使って交流した。

 感染防止のため、神戸は

...    
<記事全文を読む>