さいたま市の観光大使を務めるサッカーJ1浦和とJ2大宮の四選手が、市がホームページで公開中の新型コロナウイルス感染拡大防止のメッセージ動画に登場した。

 市の公式ユーチューブチャンネルでも見ることができる。

 浦和からMF柏木陽介、汰木(ゆるき)康也選手、大宮からはDF河面旺成(かわづらあきなり)、MF大山啓輔選手の副キャプテン二人が参加。いずれも大型連休中の外出自粛や手洗い、うがい等の防止策励行を呼び掛ける内容で、柏木選手は「状況が回復した際は、自分がプレーでさいたま、浦和を盛り上げたい」、汰木選手は「皆さんとスタジアムでお会いするのが楽しみ」などと話している...    
<記事全文を読む>