スカウト担当16年というサッカーJ1川崎の向島建氏は電話口で、在宅勤務が続く現状を冗談ぽくこう明かす。「例年なら、久々に家に帰ってくると犬にほえられたりする。でも今は懐いている」

 Jリーグ各クラブのスカウト担当にとってこの時期は、各地を飛び回って高校年代や大学の各種大会を視察し、有望選手を追う時期。だが感染拡大で全国的に活動がストップ。Jのユースや全国高等学校体育連盟(高体連)加盟の強豪で争うプレミアリーグや、プリンスリーグは開幕が延期に。とくに春先は、多くのチームが集まり試合が組まれるフェスティバルと呼ばれる大会が各地で予定されていた。

 全国56に拡大した...    
<記事全文を読む>