J2磐田のFW小川航が3日、ジュビロサッカースクール生を対象にした企画「せんしゅにききたい!」に参加し、来年に延期された東京五輪への熱い思いを語った。活動休止が続く中での自主トレなど、現在の様子なども明かした。
 小川航ら6選手がビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」でつながり、動画投稿サイト「ユーチューブ」を通じて県西部の9会場660人の中から選ばれた質問に答えた。
 「オリンピックで何ゴール決めたいか」の質問に小川航は「1試合2点を毎試合取っていきたい。何試合あるかにもよるが、10点以上」と高い目標を掲げた。
 チームは新型コロナウイルス感染拡大で4月...    
<記事全文を読む>