日本ハムは28日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で約4時間のチーム練習を行った。昨年6月の左膝骨折から復活を目指す上沢が打撃投手を務め、打者6人に21球を投じて直球は最速145キロを計測したという。木田投手コーチはオンライン取材で「力が入っている部分はあったが、体の状態はかなり良くなっている」と話した。

...    
<記事全文を読む>