横浜DeNAの桑原将志外野手(26)が27日、6月19日の開幕に向けて「一層身が引き締まった。自主練習期間からいい準備ができたので体も気持ちも充実している」とコメントした。

 オープン戦は5試合で1安打。梶谷や神里らとの中堅の定位置争いでは一歩出遅れた。「バッティングでアピールしたいが、守備でもチームを助ける役目になる。やるべきことを一つ一つ丁寧に取り組みたい」と必死さを前面に出す。

 実戦から遠ざかったことをプラスに捉えてきた。19日にチーム練習が再開するまで2カ月間、走り込みに励むなど「運動量を上げたので体の調子は問題ない」という。

 無観客で迎...    
<記事全文を読む>