苦境を乗り越えた先の「1軍デビュー」を見据え、ベイスターズのドラフト1位ルーキーは前向きな日々を過ごしている。コロナ禍で開幕が6月19日と3カ月近く遅れるが、「こんなこともあるとプラスに受け止めている」。横浜DeNAの森敬斗内野手(18)は、1年目のプロ野球シーズン到来を待ちわびている。

 3月末から2軍の試合が中止になった。横須賀市夏島町の2軍施設「DOCK」と隣接する合宿所「青星寮」を往復するだけの生活を送る。

 「最初は試合ができない不安があった。1年目で結果を出して、2年目につなげたかったので」

 それでも、根っ...    
<記事全文を読む>