日本ソフトボール協会は25日までに、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、7月に予定していた日本リーグ男子の開幕を9月に延期することを決めた。

 既に取りやめが決まっていた6月の第1節に続き、7月の第2節の中止を決定。併せて18チームによる総当たり1回戦の大会方式も9チームずつに分けた東日本、西日本リーグの総当たり1回戦に変更し、第1節(9月5、6日)、第2節(9月19、20日)、第3節(10月17、18日)で各チーム8試合を行う。

 日本一を決める決勝トーナメント(11月14、15日・岡山県営球場)は東西両リーグの上位チームで争うが、詳細...    
<記事全文を読む>