広島の堂林に、再び開幕スタメンのチャンスが巡ってきた。「5番・一塁」の最有力候補だった松山がコンディション不良で離脱し、6月19日に決まった開幕は厳しい見通し。「やることは変わらず引き締めてガツガツやっていきたい」と安部、メヒアとの競争に挑む。

...    
<記事全文を読む>