6月19日からのプロ野球開幕が決まった25日、福岡県内のファンたちは喜びを爆発させ、飲食店からは早くも集客効果を期待する声が上がった。

 年に数回は福岡ソフトバンクホークスの本拠地ペイペイドーム(福岡市)に足を運ぶという大野城市の会社員男性(26)は「正直やっとかという気持ち。できるだけ早く観戦に行きたい」。友人で福岡市の会社員男性(27)も「今年はもう無理ではないかと半ば諦めていたので、うれしい」と笑顔を浮かべた。

 当面は無観客で試合が行われるが、10代女性は「松田選手の『熱男』を画面越しで見られるだけでも幸せ」と喜ぶ。春日市の自営業女性(73)は「実際に観...    
<記事全文を読む>