プロ野球の開幕が6月19日に決まった。当初の予定から約3カ月遅れとなるものの、公式戦の開催に大きく前進し、斉藤惇コミッショナーはオンラインの記者会見で「決断できたのは喜ばしい。自粛に苦しむ国民を勇気づけ、プロ野球以外のスポーツに開催の指針を示せれば」と語った。

 同日に政府が緊急事態宣言を全面解除する可能性が高まり、解除前に開幕日を決めた。公式戦の運営は、日本野球機構(NPB)が近くまとめる感染予防策などのガイドラインに沿って実施。当面は無観客とする方針も改めて示した。

 それでも課題は山積している。野球協約で定められたシーズン成立要件の120試合は確保する考え...    
<記事全文を読む>