新型コロナウイルスの感染拡大で延期されていたプロ野球の開幕が6月19日と決まり、開幕を待ちわびた道内のファンから、喜びの声が上がった。ただ、当面は無観客試合が続く見通しで、北海道日本ハムの本拠地である札幌ドーム(札幌市豊平区)周辺の飲食店は「にぎわいが戻るのはまだ先」と冷静に受け止めている。

 日本ハムの私設応援組織「日本ハムファイターズ応援作戦会議」(札幌)の長谷川裕詞代表(50)は「この日を待ちに待っていた」と開幕決定を喜んだ。毎年開幕日早朝に行う、北海道神宮へのお百度参りも実施予定。「野球のない3カ月は力が出なかった。早く選手に元気をもらいたい」と試合を楽しみにしてい...    
<記事全文を読む>