先発ローテーション入りが確定している横浜DeNAの今永昇太(26)、浜口遥大(25)の両左腕が24日、横浜スタジアムで行われたチーム練習でシート打撃に登板した。ともに仕上がりは順調のようで「久々の実戦登板にしては良かった」(今永)などと球団広報を通じてコメント。現時点で6月後半を目標にしている開幕へギアを上げていく。

 今永は打者6人に17球を投げ、許した安打は戸柱の1本だけ。大和、ロペス、梶谷から三振を奪い、最速は148キロをマークした。

 2カ月ぶりの打者との対戦となったが、マウンドの傾斜や捕手との間合いに好感触をつかんだ。「今まで意識してきたフォームを無意...    
<記事全文を読む>