日本ハムは23日、札幌市と2軍施設のある千葉県鎌ケ谷でそれぞれグループ練習を行い、キャッチボールや打撃練習を行った。鎌ケ谷の練習後にオンライン取材に初めて応じた石井は、早ければ25日にも開幕日が決まる可能性があることに触れ、「どこに(照準を)合わせればいいか分かってきた。体の状態は良い」と安堵(あんど)の表情を見せた。

 4年目で正遊撃手を中島、平沼と争う。鎌ケ谷市で続けている自主練習では基礎体力の向上を目指し、オフ期間のようにランニングなどのメニューを多めに取り入れてきた。「昨季までは夏の連戦で体が動かない時期もあった。それをなくせば1年間、安定して成績を残せる」と話し、...    
<記事全文を読む>