中国地区大学野球連盟は23日、倉敷市内で緊急理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で中断していた中国六大学春季リーグを打ち切ることを決めた。開幕前だった下部の2~4部リーグも中止とした。同連盟によると、リーグ戦が取りやめとなるのは現行の春季・秋季リーグ制となった1980年以降、初めて。

 中国六大学の今季リーグは4月4日に開幕し、第1週2日間で計4試合を実施したが、第2週以降は会場の閉鎖などにより中断。優勝校が出場する全日本大学野球選手権の中止を受け、トーナメント方式に切り替えるなど規模を縮小しての開催を模索してきたが、多くの大学が十分に練習できていない実態を踏ま...    
<記事全文を読む>