日本ハムの斎藤が21日、オンライン取材に応じ、夏の甲子園大会中止で無念さが残る高校球児を思いやり、「次のステップに進むために今の気持ちを一生大事にしてほしい」と語った。

 斎藤は東京・早実高時代に夏の甲子園で優勝。エースとしてチームを引っ張った思い出を振り返り、「僕はけがをしていた時期があったが、試合ができないのは、それよりもつらいことだと思う」とし、苦渋の決断をした日本高野連関係者への気遣いも口にした。

...    
<記事全文を読む>