広島の菊池が「つなぎ役」としての自覚をにじませる。練習ではシーズンさながら右方向への打撃を徹底する。「ずっとやってきた役割。大きく変えることはない。それを見失うと僕ではなくなる」。体にしみこませるように、黙々とバットを振る。

...    
<記事全文を読む>