日本ハムが16日、札幌市内と千葉・鎌ケ谷の2拠点で、グループ練習を開始した。栗山英樹監督(59)も17選手が参加した札幌市内での練習を視察。練習後、オンライン取材に応じ、選手との久々の再会を「みんなが元気で会えたということはすごくうれしかった」と喜んだ。最短で6月19日に想定されている開幕に向けて、第一歩を踏み出した。

■札幌17選手参加

 ウオーミングアップから始まったグループ練習は、ノックやフリー打撃などの行程練習が組み込まれ、2時間ほど皆で汗を流した。

 選手の動きを見守った栗山監督は「さぁみんなで始めようかという時に、みんなが元気でいてくれた...    
<記事全文を読む>