日本ハムの栗山監督が15日、オンライン会見を行った。札幌市と、2軍施設のある千葉県鎌ケ谷市で、計3グループに分かれて16日から始まる練習を前に「みんながどこまでやってきたのか確認し、どんな(コンディションの)上げ方ができるか考えていく」と展望した。

 6月後半の開幕目標を見据え、従来の自主練習から段階が一つ進む。ただ、北海道、千葉県とも緊急事態宣言は解除されておらず、「こっちが想定したようにはいかない。(コロナ禍から)選手を守る責任がある。不安、怖さもある」と気を引き締める。

...    
<記事全文を読む>