西武のドラフト2位の浜屋将太投手(21)=三菱日立パワーシステムズ=が14日、球団施設で自主練習を行った。取材では鹿児島・樟南高時代に流した涙を振り返り、プロでの飛躍を誓った。

 甘いマスクのルーキー左腕は、マウンド上でも感情を表に出さない。高校、社会人時代にも「おまえは感情がないよな」と言われてきたが、悔しさから涙が止まらなかった思い出がある。

 2016年、甲子園出場をかけた高校3年夏の鹿児島大会。樟南高のダブルエースの一角を担い、川内高との準決勝では延長13回、192球を投げきり、完投勝利を挙げた。翌日の鹿児島実高との決勝では救援で10イニングを無失点。引...    
<記事全文を読む>