プロ野球北海道日本ハムは15日から、木田優夫投手コーチ(51)が描いた選手らの似顔絵をプリントしたTシャツを販売する。新型コロナウイルスの影響でプロ野球が開幕できず、選手と交流できないファンを楽しませようと企画した。

 木田コーチは顔の特徴をうまくとらえた絵柄で「木田画伯」のニックネームを持つ。今回は選手から提案があり、4月中旬から約2週間かけて、栗山英樹監督やコーチ陣を合わせた91人のチーム全員の似顔絵と背番号を色紙に描いた。

 木田コーチは各選手のプレー時の動きを思い出しながら失敗を重ねて仕上げたといい、「しばらくは家にいる時間が増えるかもしれない。僕の絵を...    
<記事全文を読む>