西武の山川穂高内野手(28)が11日、初の球宴中止を残念がった。12球団代表者会議がオンラインで開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、史上初めてオールスターゲームの中止が決定。

 球団を通して「たくさんのファンの皆さんが楽しみにしていただいているオールスターが今年開催されないのはとても残念です。僕自身、過去2年、とても楽しくプレーさせていただきましたし、毎年出場したいと思っていました。ただ、今年は致し方ないと思います。また、全国のファンの皆さんの前で『どすこい』ができる機会が来ればいいな、と思っています。今はまず、この事態が一日でも早く終息することを願っています」とコ...    
<記事全文を読む>