3年前の春と夏、前橋育英高を甲子園に導いた主将が、練習生としてペガサスに加入した。「まずは選手契約を実現し、公式戦に出場したい」。自慢の長打力を武器に、独立リーグでも名をはせようと汗を流す。

 高校卒業後に日体大野球部に入ったが、「燃え尽きて冷めてしまった」。意欲は上がらず8カ月で退部した。昨夏、群馬大会を戦う後輩の姿を球場で観戦。自分の胸が次第に熱くなるのを感じた。「またグラウンドに立ちたい」

 選んだ先は、幼い頃から野球で通じ合ってきた霜田健太(伊勢崎清明高出身)が加入するペガサスだった。野球から離れた期間が長く、感覚は予想以上に鈍ってお...    
<記事全文を読む>