バレーボールV2男子のヴォレアス北海道が出場予定だったV1との入れ替え戦を、日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)が新型コロナウイルス感染拡大を理由に中止とし、2部残留が確定した問題で、ヴォレアス北海道は2日、入れ替え戦の中止を決めた経緯の詳細な説明を求める要望書を、同機構に電子メールで送付した。

 要望書提出は2回目で、連携協定を結ぶ4自治体などと連名で実施。3月9日に出した1回目の要望書に対する同機構の回答を不服とし、入れ替え戦中止を決めるに至った理事会の議事録や会議資料の開示など4項目を求めた。

...    
<記事全文を読む>