バレーボールVリーグ1部(V1)女子のヴィクトリーナ姫路は31日、竹下佳江監督(42)が退任し、後任に中谷宏大コーチ(39)が就任すると発表した。

 元日本代表セッターの竹下氏は2016年6月、ヴィクトリーナ姫路発足と同時に監督に就任。18~19年シーズンにV2で優勝を果たし、V1昇格に導いた。退任後は球団副社長としてチームに残る。

 竹下氏は「ベースづくりからV1の舞台で戦えるところまで持って行くことが使命だと思っていたので、4年間やり切ったという気持ちが大きい。今後はフロントの立場からチームを支えていきたい」とコメントした。

 新監督の中谷氏は長...    
<記事全文を読む>