新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国中学校体育大会(全中)の中止が決まった。日本中学校体育連盟(中体連)が28日、各都道府県中体連などに通知したことを受け、兵庫県中体連は同日、県内各地区の理事長や各競技部の委員長に通達した。全国高校総合体育大会(インターハイ)に続き、10代のアスリートにとって最高の舞台が奪われることになった。

 部活動の現場からは落胆の声が相次いだ。

 毎年多くの兵庫勢が全中の表彰台に立っている陸上。県中体連陸上部の三木慎也委員長は「最後の舞台として全中を目指している3年生にとっては、目標が一気に途切れてしまった」と胸を痛める。県中学総体の...    
<記事全文を読む>