閉店中の店舗を狙う出店荒らしなど犯罪増加が懸念される大型連休に合わせ、豊田署は二十七日、ラグビー・トップリーグ、トヨタ自動車ヴェルブリッツの姫野和樹選手が犯罪抑止を呼び掛ける大型パネルを署内一階ロビーに設置した。

 署とヴェルブリッツが三月に締結した警察広報活動に関する協定に基づいて制作。ボールを抱えたユニホーム姿の姫野選手が等身大で写り、「コロナも犯罪も完全にブロック!」というスローガンを掲げている。

 馬込貴之生活安全課長代理は「新型コロナウイルスによる外出自粛で人通りも少なくなり、普段は営業しているはずの飲食店の出店荒らしなどが予想される。貴重品を置いたま...    
<記事全文を読む>