三重県鈴鹿市に拠点を置くラグビー・トップリーグ(TL)のホンダヒートは27日、2019年のワールドカップ(W杯)日本大会で史上初のベスト8入りを果たした日本代表WTBで、ホンダヒートに7年間在籍したレメキ・ロマノ・ラヴァ(31)が退団すると発表した。

今季のTLは新型コロナウイルスの感染拡大を受けてシーズン途中の3月で中止が決まった。チームのホームページを通じて「コロナウィルスと言う思わぬ敵が現れ、こんな結末で今シーズンの幕を閉じる事になり残念」と心境を述べ、支援者には「山あり谷ありの7年間、皆さんが支えてくれたからこそ今の我々がある。試合会場でまたお会い出来る事...    
<記事全文を読む>