新型コロナウイルスの感染拡大を受けて三重県四日市市は、広域的な利用が見込まれる運動施設など31カ所を5月6日まで臨時休館する。

5月1日のオープンを予定していた四日市市総合体育館(日永東)の開館も当面延期する。4月29日に予定していた式典や記念アトラクション、5月9日のバレーボールエキシビジョンマッチ「ヴィアティン三重VS東京ヴェルディ」などもすべて実施を見送る。

臨時休館・利用休止する31施設は次の通り。

霞ケ浦体育館▽霞ケ浦第1野球場▽霞ケ浦第2野球場▽霞ケ浦弓道場▽霞ケ浦運動用舟艇場▽四日市テニスセンター▽中央第2体育館▽中央フットボール場▽楠...    
<記事全文を読む>