高校女子サッカー界の名門、日ノ本高は16日までに監督人事を行い、昨季まで山梨学院大でコーチを務めた村上裕子さん(35)が就任した。前監督の田辺友恵さん(39)はプレナスなでしこリーグ1部、ノジマステラ神奈川相模原のアカデミーダイレクターとU-18監督に転身した。

 村上新監督は宮城県出身。常盤木学園高、東女体大を経て2007年にJ1川崎の育成・普及コーチとなり、17年には東京都女子リーグFC町田の初代監督に就任した。指導者業と並行してフットサル選手としても活躍し、ファンFC(東京)に在籍した12年に全日本女子選手権を制している。

...    
<記事全文を読む>