世界へ羽ばたいた「第2の故郷」から再出発する。五輪3連覇の吉田沙保里さんの系譜に連なるレスリング女子53キロ級で、東京五輪代表に内定している向田真優(22)=ジェイテクト。3月の至学館大(愛知)卒業を機に、中高生時代を過ごした東京へ拠点を戻した。新生活を迎えた直後、五輪は新型コロナウイルス感染拡大を受けて1年延期に。まさかの事態に戸惑いつつも、前を向く今の心境を語った。

 (多園尚樹)

 -どたばたと延期が決まった。

 五輪前の6月にポーランド国際大会に出て優勝し、第1シードを確保して五輪を迎えようと思っていた。計画をまた一から立て直さないと。正直、そのまま開催し...    
<記事全文を読む>