関学大アメリカンフットボール部は7日付で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、5月に神戸市内で実施する予定だった日大との2年ぶりの定期戦を中止すると発表した。2018年に日大の悪質タックル問題があり、昨年は行われなかったが、今年は再開に向けて準備を進めていた。

 関学大によると、昨年末に日大の橋詰功監督から定期戦再開の要望があり、昨季終了後に部内で検討。3月20日に同監督らと協議して開催に合意したが、今月7日に関西学生連盟が春季の全試合中止を発表したため、取りやめた。

...    
<記事全文を読む>