日本スポーツ振興センター(JSC)は8日、政府の緊急事態宣言を受け、五輪選手らの強化拠点である東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)、隣接する国立スポーツ科学センター(JISS)などの施設の営業を同日から中止したと発表した。5月6日までの措置で、1年延期になった東京五輪・パラリンピックに向け、各競技団体の強化活動への影響が懸念される。

 (磯部旭弘、森合正範)

 これまでは新型コロナウイルス感染の予防措置を講じた上で利用できたが、3月の時点で1日当たりの利用者は通常の半数以下に減っていたという。併設の施設に泊まり込みで利用していたアスリートには、今週末を目...    
<記事全文を読む>