石川県が誘致し、5月に小松市木場潟で開催予定だった国際大会「アジア・パシフィック・カヌースプリント大会」について、日本カヌー連盟は7日、1年程度延期する方針を固めた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、海外選手の来日が困難になったためで、8日に開かれる理事会で延期が了承される見通しだ。

 大会は若手強化の目的で2018年5月にオーストラリアで初めて行われ、各国・地域から約130選手が出場した。日本、オーストラリア、ニュージーランドの3カ国で持ち回り開催となっており、昨年のニュージーランド大会に続き、今年は5月に木場潟で日本初開催が決まっていた。

 感染症の拡大を...    
<記事全文を読む>