2連覇を目指すシーズンが幻となった。ラグビー・トップリーグ(TL)は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2日にはリーグ戦に続いて日本選手権が中止に。2冠に輝いた昨季以上の戦力を整えた神戸製鋼は、失意と不安の中で長いシーズンオフに突入した。(山本哲志)

 4月11日。この日はTLの覇権を懸けたパナソニックとの大一番が行われる、はずだった。

 両チームには「笑わない男」で有名になった稲垣啓太(パナソニック)や明るいキャラクターで人気の中島イシレリ(神戸製鋼)ら昨秋のワールドカップ(W杯)日本代表選手がそろう。昨季はパナソニックと対戦がなく、2004年から公式戦15連...    
<記事全文を読む>